十二月(つき)あそひ 貴重書画像データベース 佛教大学図書館

電子資料庫 > 貴重書画像データベース > 羅生門

羅生門

羅生門

『羅生門』絵巻は平安時代の武将・源頼光(九四八~一〇二一)の鬼退治武勇伝に源氏伝来の名刀伝説を織り交ぜたものがたりで、舞台は平安京、成立は室町時代中期頃といわれています。このものがたりには羅城門のあった現在の千本九条あたりはもちろんですが、多田、摂津国、丹波国・大江山、堀川通り一条戻橋、正親町の橋詰、二条大宮、八条坊門、男山、大和国・宇陀の郡、二条の御所、河内国・高安の里、唐土、長岡、横川等の地名や場所がみえます。たびたび登場する源頼光は一条戻橋近く、占博士(陰陽師)・安倍晴明の邸に間近く居を構えていたとのこと、本学近くの十二坊・上品蓮台寺には石碑「源朝臣頼光塚」が、ゆかりの蜘蛛塚としてひっそりと存在しております。羅生門(正しくは羅城門)とは、羅城すなわち城外郭に設置された門で、中央を東西(左京・右京)に分かつ朱雀大路南端の京極に開かれた平安京の正門ともいうべきものでした。ものがたりの題名となっているこの平安京・羅城門(羅生門)は弘仁七(八一六)年に暴風雨で倒壊、まもなく再建されましたが、天元三(九八〇)年にはまたしても嵐に倒れてしまいました。それからは再建されることなく荒果てるままになってしまいました。荒廃にまかせた羅城門には次第に人も近づかなくなり、屍骸の捨て場と化し、楼上には鬼が棲みつくようになったという説話は御伽草子『羅生門』だけではなく、多くの作品のなかに取り込まれています。また、羅城門の楼閣上には平安時代初期に唐から伝えられた兜跋毘沙門天が王城鎮護を願って祀られたというのですが、現在、東寺にまします重要文化財の木像がそれであるといわれています。平安京造営時の大内裏は現在の御所の位置ではなく南端が二条通り、羅城門から大内裏へと洛中を貫くメインストリート朱雀大路はおおよそ現在の千本通りにあたります。羅城門は現在その姿をみることはできませんが、本学から千本通りを南へ下った九条大路北側に「羅城門遺址」の石碑が建てられており、「唐橋羅城門町」という地名にその名残りをとどめています。(『常照-佛教大学図書館報 第53号』より

羅生門