丹鶴叢書 佛教大学図書館

電子資料庫 > 貴重書画像データベース  > 丹鶴叢書

丹鶴叢書

表紙

『丹鶴叢書』は紀州藩附家老・水野忠央(みずの ただなか 一八一四 ~ 一八六五 新宮城主、丹鶴と号す)の輯刻になるわが国の代表的叢書のひとつである。
同叢書は弘化四(一八四七)丁末年から年を追って、戌申(一八四八)年、己酉(一八四九)年、庚戌(一八五〇)年、辛亥(一八五一)年、壬子(一八五二)年、癸丑(一八五三)年、と数点あるいは十数点ずつ計百五十四冊が刊行されている。
また、これらの叢書とともにほぼ同時期に外書と称される図書が数点刊行されている。「丹鶴外書」と冠した『大系圖画引便覧(おおけいずかくびきべんらん)』および『丹鶴圖譜(たんかくずふ)』『千歳例(ちとせのためし)』などである。
『常照-佛教大学図書館報 第56号』より
※電子資料庫では丹鶴叢書の一部を公開しております。

丹鶴叢書
丁未帙正中御飾記 ⁄ 内宮御神寳記
戊申帙釋奠供物圖 ⁄ 諸陵雜事注文
己酉帙蒙古襲来繪詞 :
庚戌帙 今昔物語集 : 廿二廿三廿四上廿四中廿四下廿五上廿五下廿六上廿六中廿六下廿七上廿七中廿七下廿八上廿八中廿八下廿九上廿九中廿九下三十卅一上卅一下
しのひね物語 :
辛亥帙今昔物語集 : 十一上十一下十二上十二上
壬子帙紫式部日記画巻・日本總國風土記
今昔物語集 : 十三上十三下十四上十四下
癸丑帙今昔物語集 : 十五上十五下十六上十六下
基盛朝臣鷹狩記
古事談 :
甲寅帙今昔物語集 : 十七上十七下
丹鶴外書
千とせのためし千とせのためし
丹鶴圖譜紋部
調度部 : [1][2]
大系圖画引便覽